2013年10月31日

6日後のシミの様子

あやや・・・。
夜はちゃんとベッドで寝ようと思っていたのに。。。
シミにはガーゼを当てて、ずれないように絆創膏で止めようと思っていたのに。。。

夜中の作業をしつつ、一段落ついたところでマッサージチェアにかかったら・・・・
やっぱ、そのまま寝ちゃったよ。(笑)

でも、マッサージチェアだと、顔はまっすぐ向いている分、シミのカサブタや薬はこすられないので、その意味ではいいんだけどね。
(ベッドで寝ると、必ず枕や布団でこすったり、ずれたりする)

ともあれ、6日後の様子は・・・・

6日後.png

おお、かなり皮が剥けてきた。。。

皮が剥けて、キレイな肌がかなり出てきた。。。。

カサブタも分厚くごついものが貼りついているというわけではなく、
薄い膜が乗っている・・・という感じ。

薬をつけると、指についているクリームで動くほどなので、
多分もうはがれてはいるんだろうな。。。。

色の濃くなっているところは、単に皮が寄って2重になっているってだけだし。。。

でも、まぁ、ここで無理してもしょうがないから、
このままそっと、薬だけ乗せて放っておくか。。。。。

薬の塗り方を見ると「塗布」とある。
「布」とあるからには、やはりガーゼのようなものが必要かと思ったが、「塗布」の意味自体は「塗ること」だけみたい。
「ガーゼに伸ばして患部に貼りつける」という方法と並列で書いてあるから、つまり、塗るだけでも貼りつけてもいいってことだな。。。。

外出する場合にはガーゼで覆うしかないけど、家の中にいるならガーゼはない方がこすれなくてよさそうかな?
紫外線を避ける意味ではガーゼも良さそうだけど、そうすると、回りの肝斑(かんぱん)の方の薬が塗れなくなるし、
今の季節で、窓閉め切っていて、外に出ないので、
とりあえず、ガーゼは当てずに、クリームをてんこ盛りして、それが吸収されたらまた塗る・・・という方法でやっている。。。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。