2013年10月26日

診察始まり、貼られたのはセロテープ?!(笑)

保険証とカルテ(問診票)を出して、しばらくソファに座っていると、ほどなく名前を呼ばれた。

診察室に入っていくと、お、女医さんだぁ〜♪

私がすっぴんの顔を見せ「シミをとりたいんですけど〜。」

右頬.png


左頬.png

先生「左頬に大きなシミがありますね。では、今日、これを取りましょう!」
私「えっ?やっぱ今日やるんですか?」
先生「はい、すぐ終わりますよ。」

私「知り合いに3週間くらいカサブタができるって聞いたんですが。。。」
先生「大体1週間くらいかな?」

私「どうせなら、この大きいのだけでなく、両頬全体のシミを取りたいんですけど、それってかなり期間がかかりますか?」
先生「あなたのこの回りのは、肝斑(かんぱん)だからね。これは、このクリーム塗っとけばいいです。」
私「かんぱん〜?」

どうやら、床屋のおかみさんはシミ全体をレーザー治療したようだけど、私は大きいのだけレーザー治療で、後は肝斑(かんぱん)だから薬で治すみたいだ。。。



肝斑(かんぱん)・・・・・
家に帰ってからネットで調べると、どうやらやっぱ、そうらしい。
肝斑(かんぱん)にはレーザー治療は不適で、かえって黒くなってしまらしい。。。

なるほど、なるほど、やっぱ専門医に診てもらうに限るな。。。


で、なんだって?
今日は、その肝斑はおいといて、大きなシミをレーザー治療しちゃうわけね。
いきなり〜!!!!(笑)

元のシミ.png


で、私がいいも悪いも言ってないのに、もう治療法は決まっているのか、
「じゃ、麻酔のテープ貼りますね」と言って
セロハンテープのようなものをいきなり貼られた。

「麻酔???」
「これが???」

先生「はい、レーザー当てるとき少し痛みがあるので、そのための麻酔です。
効くまでに30分くらいかかるので、そのまま待合室でお待ちください。」
「肝斑用の薬は最後に会計で渡しますので、この説明書をどうぞ。」



ということで、私はすぐに追い出された。。。



30分もあるなら・・・と、トイレに行ってみた。

その麻酔のテープとやらが、貼るとき、絶対セロテープのように見えたし、今貼っている感じも絶対セロテープ貼っている感じなんだもん。
ちょっと鏡で見てみたいじゃん?

で、トイレに行って鏡を見ると・・・・
やっぱりセロテープだぁ〜!!!!(笑)

麻酔テープ.png


いやいや、わかってますよ。
セロファン状のテープであって、多分その粘着部分に麻酔の薬剤が塗ってあるのでしょう。

でも、どうみても「ちょっと太めのセロテープ」だな。(笑)


で、別に痛くも痒くもなく、ひりひりもしない。
まったくセロテープを顔に貼っているのと同じ感覚。

本当にこれで麻酔になるの〜?
逆にそっちが心配だよ。。。。
posted by シミしみ肝斑 at 02:12| Comment(0) | 【1回目】シミ治療の第1日目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。